シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP1274.jpg
















“ストロベリーカクテル”


いちご...ストロベリーアイス...生クリーム...いちご...ストロベリーアイス...ミックスベリー...
生クリーム...が、入ってます。
たくさん入ってます!!
お腹いっぱいでも食べられちゃいます!!

是非、何層か数えてみてください・・・
スポンサーサイト
IMGP1237.jpg




フランス・ランド産 “ダイナマイト焼き”

フランスの南西部に位置するランド県は、トリュフやフォアグラの産地として有名ですが、
「 プーレ・ジョンヌ 」と呼ばれる農家産の鶏も魅力的な産物です。


今回は88日間の飼育期間中、エサのある土地に車で連れて行き、そこでしばし放し飼いをする・・・
という、日本ではちょっと考えられない手法で大切に育てられた鶏が入荷しました。


胸ともも、両方のおいしさを味わっていただきたく、シイケンでは 1/2 羽をノーカットで
お届けします。
ハーブとニンニクでしっとり焼き上げたその名も・・・「ダイナマイト焼き」


期間限定につきお早めにどうぞ!!!

“ダイナマイト”については、ブログまたはマスターまで・・・
幼い頃の体験や印象は、大人になってからのそれらよりもずっと深く刻みこまれるという話、出展不確かながら聞いたことがあります。
それでいま悩んでいます。
日常の仕事のなかで、「これは凄い」とうなる食材に出会ったときや、予想以上に素晴らしい味わいに仕上がったとき、また我ながら「これは参りました」というような視覚的衝撃のある料理を組み立てて自画自賛しているとき、決まって頭に流れるのは、菅原文太主演『ダイナマイトどんどん』のテレビコマーシャルの決めぜりふです。男性の物静かな語り口で、映像の最後に一言、「ダイナマイト、どんどん」。
よほど強烈な記憶だったのか、いまでも強い印象を受ける場面では必ずといって良いほど耳に聞こえてきます。最近は、年明け特にですが、あまり登場しなかった食材をあえて使用する機会を持つようにしているせいか、心の叫びのように、あの「ダイナマイトどんどん」が流れる場面が増えています。
例えば、フランス、ランドの素晴らしい鶏肉を、半分にぶった切り、鶏肉自身のおいしい脂でじわじわ焼き上げる。そう思い描いただけで「ダイナマイトどんどん」。ひとりでうろたえています。
これだけだと精神衛生的に良くないので、件の鶏肉はメニューに入れました。苦渋の経営判断です。
まだまだそんな場面はありますが、とりあえずこの辺で。もっとお話ししたい事例はあるんですけどねぇ。
IMGP1231.jpg















“秋田 比内地鶏の生ハム”


マスターが長年お世話になっている「秋田比内や」さん特製のイッピンです。
ほのかなスモークの香りと、生ハムならではのしっとりとした食感がワインを呼びます。

限定入荷につきお早めにどうぞ・・・
IMGP1226.jpg



完成しました。

“いわて短角牛のミートソーススパゲティ”

スパゲティですが、肉です・・・
肉を食べている感じになってしまうくらい肉肉しいです。
マスターの独り言にもあるように、短角牛のさまざまな部位を使い脂さえも一緒に煮込んでしまった
ミートソースですが、胃もたれしません。


食べては飲み、飲んでは食べる・・・ワインがすすむスパゲティです。
是非、短角牛の味をかみしめてみてください!










そのオリジナルがイタリアのボローニャにあるらしい云々のくだりは、最近では皆様の方がよくご存知かと。今回リリース予定の、いわて短角牛の様々な部位で仕込んだミートソースに私が寄せる思いは、きわめて個人的ながら、憧れと呼びたい類いのものかもしれない。ノスタルジイに満ちたミートソース礼賛は、多くの方々がすでに発表なさっているし、私も大同小異の体験があるが、そんなことはどうでもよい。ミートソースの魅力は、ズバリ、一口食べたあとの女性の唇にある。グロスでは表現できないあの脂でテカった輝きは、生きる喜びを絵にするとこうなるのではないか、とまで思わせる何かがある。
今回のミートソースでは、その点なんの心配もない。普通は取り去る脂も、あえて混ぜ混んでみた。捨てるのが惜しいほど甘いのである。そして夕焼けの色に似て美しく輝いているのだ。
ああ、これなら心配ない、憧れを形に出来る、そう一人悦に入って夜な夜な仕込みをしているが、こんな思いもまんざら私だけのものではないのでは・・・。
ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。旧年中は多大なご支援を賜り、まことにありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申しあげます。
西洋料理シイナケンジ




IMGP1218.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。