シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP1399.jpg



さいさい鶏の香草風味、ラタトゥイユ、特大タコさん・・・などが入った“お花見弁当”
こんな感じになりました!
フォアグラサンドウィッチはやはり容量オーバーの為専用タッパー行きでした・・・。

尚、“プレタポルテスタイル”の為内容が若干変更する場合がございます。                  

IMGP1421.jpg















一応、おつまみです・・・。ワインがすすむおつまみです・・・。




IMGP1425.jpg




スポンサーサイト
“フォアグラのサンドウィッチ”

IMGP1407.jpg

シイケンマスターが事あるごとブツブツ呟いていたイッピン!
「フォアグラをサンドウィッチにしたら絶対おいしいよね・・・。」
通常営業ではなかなか実現できず、長い間封印されていたサンドウィッチ。

パンはほんのり甘い食パンを使い中にはフォアグラ、スライストマト、秘伝のタレ、
アクセントでマスタードがきいてます。

マスター曰く・・・「間違いない!」 とのこと。

やるからにはとこんとんやる!そんな思いで作ったイッピン、気合いを入れすぎて
お弁当の中に入りきらず専用タッパーで別添えになる場合がございます。ご了承下さい。




“特大タコさん”スタンバイ!

IMGP1372.jpg





 








特大です!どのくらい特大かというと・・・・

IMGP1378.jpg
このくらいです・・・












2名様向けで1本入ってます。
これだけでだいぶ呑めます・・・





以前、緊急入荷のお知らせをしておりました、
『フランス・ロワール産 ホワイトアスパラガス』

詳細はこちら↓

IMGP1340.jpg
















温製/冷製 両方ご用意しております。

温製は、バターのソースで。
冷製は、塩・胡椒とバージンオリーブオイルでシンプルに!

期間限定、さらに不定期入荷のためマスターが納得するのもが入らなくなった時点で終了いたします。
お早めに・・・
予約受付中! 『シイケンお花見弁当』

IMGP1325.jpg















「お酒はあるけど、ツマミがない・・・。」
「コンビニで買ってもいいのだけれども・・・。」
と、いったお悩みを何度か耳にしました。

それならば・・・!!!

シイケンマスター作ってしまいました! “お花見弁当”

お弁当といってもご飯におかず・・・ではなく、ワインに合う“おつまみ”です。 
その、中身はというと・・・

①フォアグラのサンドウィッチ
②さいさい鶏の香草風味
③ラタトゥイユ
④特大タコさん 

などを基にお客さまとのご相談の内容を決める・・・

「完全予約制・プレタポルテスタイル!」

価格 2名様向け ¥2,100 (税込)
    4名様向け ¥3,980 (税込)
    6名様向け ¥5,980 (税込)   

その他、量のご調節承ります。まずはお問い合わせください!


尚、ご予約は4日前までにお願い致します。数の増減は前日の18時まで承ります。
当日、お引き取りのみの販売となります。

お問い合わせ:03-5261-5729

3月24日の夜の部は、貸し切りのご予約につき、通常営業はおやすみさせていただきます。何卒ご了承ください。主人
3月14日(日)にイベントを行うため、3月15日(月)はご予約のみの営業とさせていただきます。

ご了承ください。               
                                                         店主


IMGP1336.jpg
フランス ロワール地方より、ホワイトアスパラガス入荷しました。
『仏風 もつ煮』


実家のそばにモツ焼きの店がある。幼い頃からあり、今は経営者が変わったようだが、同じ屋号で、毎晩もうもうと煙をあげ、繁盛しているとのこと。最近の下町居酒屋ブームもあり、素敵なお姉さんがモツ論を展開する場面も、珍しくなくなった。でも、言わせてください。私がフランス料理の世界に入ったのは、それが生まれ育った葛飾のモツのイメージより確実に女性にモテそうだと確信したからであり、今になってやっぱり煮込みとホッピーが・・・と言われても・・・こぼれたミルクを泣くなよ、の例そのものじゃあないですか。
くやしいので今年もやります。「モツ煮込み」。フランス風と銘打って発売中です。
どの辺がフランス風かが問題になるが、恐らく見た目では気づかれない下処理、並びに調味を徹底して雷門ならぬ凱旋門仕様にしてあるのが自画自賛するところであろう。(詳しくは店頭でお尋ねください。)
余談だが、かつて西武新宿線を通勤に利用していた頃(詳しくは店頭でお尋ねください。)、某駅から「キラーカーンの店かんちゃん」という看板を見るにつけ、「牛胃の煮込み カン風」なるノルマンディ地方の郷土料理に想いを馳せていた頃が、懐かしく切なく想い出される(詳しくは店頭でお尋ねください。)


IMGP1324.jpg
かねてより再度発売のご要望をいただいておりました「モツ煮込み」。今週末より期間限定で発売中です。
詳細は次回ブログにてお伝えします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。