シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『パルマ産 サルシッチャ』


IMGP1585.jpg
















パルマ産の黒いブタを使ったソーセージ。
ソーセージだけど そのもの!!
ヨーロッパで作られたモノのため塩分がやや強めの味付けになっています。
その結果、酒がすすんでしまいます・・・!!

検証の結果、ビールか赤ワインかな~・・・

マスター曰く・・・「フランスの食堂を思い出して、ついポテトフライを多く付けてしまいそう・・・」
とのこと。

・・・もうすでに多い気がするのは気のせいでしょうか・・・?


ついでに緊急告知!

熱い日が続き食欲がなくなりぎみ・・・といった状況におちいったお客様がシイケンに・・・!

「食べなきゃダメ!!」と、常日頃から言い続けているマスター。
そんな方の為に作っちゃいました!

「かぼちゃの冷たいポタージュ」

まず1杯。
きっと食欲回復します! (増進・・・?)




スポンサーサイト
デビュー以来、短い間でしたが多数のご注文を頂戴いたしました「南部高原豚のゼリー寄せ」ですが、使用している部位の俗に言う「夏痩せ」により(少しうらやましい)秋までお休みを頂きます。
そこで気になる夏の間は、「仔うさぎのゼリー寄せ」にバトンタッチします。
豚の代理をうさぎが務める・・・はからずも、あの日本昔ばなしのような展開に胸躍り、かつて道徳の時間に見た記憶のある名作「ぴょん太の交通安全日記」をAmazonで探してしまいました。(詳しくは店頭でお尋ねください。)
その他にも、うだる様な暑さを少しでも忘れていただけるようなラインナップを心がけました。いくつかご紹介しますと、オマール海老のコンソメと蟹をカクテルに見立てたものや、大振りの鯵のフリットに特製タルタルソースを添えた一皿、主菜ではフランス・シャラン産の仔鴨抱身をローストしたものなど、店主が熱く燃える品揃えとなっております。夏向きワインも、番頭が頑張って(番頭に押し付けて)展開していますので、こちらも是非お試しください。
以前よりブログでお伝えしていました、スペインの料理「ガスパチョ」ですが、ことしのトマトや野菜にやや不満なため、未だ発売していません。ピンときたらすぐに仕込みますので、何卒ご了承ください。
『仏産 鴨もも肉のコンフィ』

予告どうり完成しました!

皮パリパリ・・・、中しっとり・・・!
ワインによくあうイッピンです。 
マスター曰く・・・赤でも白でも OK ! ・・・ビールも !!

酒なら何でもいい・・・という訳ではありませんが、酒がすすむイッピンです!

IMGP1579.jpg















笑顔がチョット怖い・・・・

しかも、決めポーズが昭和っぽい・・・

こんな人が作りました・・・



蒸し暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、本日は月に一度の「不」定休日とさせていただいております。明日火曜日の昼の部より通常営業いたしますので、何卒ご了承ください。
今週は、「鴨モモ肉のコンフィ」「ガスパチョ アンダルシア風」などを新発売する予定です。夏向きのワインも入荷しますので、どうぞご期待ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。