シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、番頭でございます。

秋を待っていたのですが、寒いです・・・。
もう、冬なのでしょうか・・・?

東北も寒かったです!

という訳で、みちのくだより第一弾!“短角牛編”

東北新幹線、二戸駅より車で山の麓まで30分!
標高1000メートル以上ある山頂までさらに車で15分!
天気があまり良くないのでは・・・と心配していたのですがそれほど影響もなく
無事に牛達とご対面することができました!


なぜかカメラ目線・・・。
牛














そして大群・・・。
牛達














やっぱりカメラ目線・・・?
しかも近い・・・!
短角牛
















おとな、こども入り乱れてのご対面でした。
牛達の方から寄ってきて・・・ワタクシ、若干逃げました・・・。

せっかく寄ってきてくれたので牛達と記念写真をとりました!

題して・・・

『人間と、牛!』
人間と、牛














マスターのお隣は短角牛の事で長年にわたり大変お世話になっている方。
今年もありがとうございました!


そして、なぜかこんな仔も・・・
ヤギ










牛達と一緒の登場!
「 どっからかまぎれこんだのかな?」と・・・。
どっかって・・・どこ?! こんな山の上で・・・!!

疑惑を残しつつ、牛達は去っていきました。
牛2











短い時間でしたが、やはり今年も色々ドラマがありました。
気になる方はシイケンまで・・・。

マスターがお待ちしておりま~す。




スポンサーサイト
去る9月20日より敢行した、東北巡業食材を巡る旅。ご報告のブログに先行して、トピックス的な写真をプリントアウトした写真集「みちのく2010」を限定公開中です。
謎のベールに包まれた、牡蠣で名高いあの海にシイケンメンバーが殴り込み!牛はともかく山羊はどうなんだ!など語り尽くせぬよもやま話をカウンターでお楽しみください。
注:話しだけはご遠慮ください。
「浮気じゃないよ。遊びじゃないから。」
こんな台詞を発言した記憶のある男性読者の皆様、いかがお過ごしでしょうか。
もしもあなたがそんな過ちを犯した記憶をお持ちなら、一緒に懺悔しましょう。営業終了後にお待ちしています。さて、常々「南部高原豚がいい」と申し上げて参りましたが・・・先週の東北巡業中に・・・つい出来心で。盛岡で買った80年代ベストアルバムCDのせいでしょうか・・・。
石川ひとみさんの「まちぶせ」のメロディに乗せて、フランスの豚をオーダーしてしまいました。本当のことを言うと、ずっと好きだったんです。胸の奥でずっと・・・
ビゴール家という、豚使いの生産者が育てた、迫力の骨付きロースを、「本気」で焼きます。ご期待ください。遊びじゃないからさ。本気だから・・もう充分ですかね。すみません。
「フランスの骨付き豚・シンプル焼き」\2.100。是非お試しください。
追伸。番頭渾身のブログ、「みちのくだより」近日公開!あの食材の生産者とマスター自らが絡みます!F1マニアのマスターが、スパフランコルシャンを模して攻めた山道とは!?気まぐれな牛を追って到着した頂上に待ち受けていたものとは!?感動と興奮の次回ブログにご期待あれ!

ブログをご覧の皆様、急に肌寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
以前お知らせいたしました通り、今週はじめより東北地方に行って参りました。私共にとって聖地巡礼にも似た旅になり、いささか強行突破の感じも否めない予定でしたが、訪れた先々の皆様との邂逅は、あらためて素材への尊敬の念を強く抱くものとなりました。
詳しいレポートは番頭が順々にいたします。旅の成果の新作ともどもお楽しみに!
写真はなぜかハチ公の記念像です。
ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。朝夕はだいぶ過ごしやすくなりましたが、体調を崩しやすい季節ですので、何卒ご自愛ください。
さて、前回の「雑談」に引き続き、当店は肉祭り開催中です。来週は岩手県などで肉類の買い付けをしますが、それでも肉祭りとは、これいかに?と憤慨の諸兄も多々いらっしゃるでしょう。実は私なりの円高差益還元セールなんです。
普段はなかなか手のでない、あのレクター博士お気に入りの子羊バックストラップや、フランスの鴨などが、皆様にうれしい価格でお出し出来るとなれば、私も口角泡を飛ばす勢いで業者さんと交渉いたしました。
詳しくは店頭でご覧ください。かつての金メダリストよろしく、自画自賛の価格設定です。是非ご自身の感性でいわゆるコストパフォーマンスをお確かめください。
因みに、来週の東北巡業で、今秋のメニューを決定します。あれこれ考えを巡らせていますが、テーマをオーセンティックと掲げて、自らを追い込んで来ます。今週のみならず、今秋のシイケンにご注目下さるよう、平身低頭ひれ伏してお願い申しあげます。
主人謹白
以前よりお知らせしておりました、「 マスター短角牛に会いに行く!」企画が
ほぼ決定いたしました。
これによりマスター東北出張期間中、臨時休業いたします。

休業期間:9月19日(日)~9月23日(木)
  *24日(金)のランチ(12:00~)から通常営業

何卒、ご了承下さい。


今回は短角牛以外に、あと2ヶ所予定している場所があります。
一つ目は、毎年10月から出荷される尾崎湾の生かき
尾崎湾にも行ってきます!!

二つ目は、秋田県!
秋田県にもマスターが長いことお世話になっている生産者の方がいます。
昨年は、予定が合わず行くことすらできませんでした。
今年は行きます!
そして、短角牛と同じくらい惚れ込んでいる食材と格闘してきます!!   乞うご期待!!

ちなみに・・・

昨年の東北出張はこんな感じでした。

IMGP0988.jpg
















短角牛が放牧されている山の上です。夏の間ここで生活しています。
ただ・・・
広いんです! すごく広いんです!!   結果・・・
シイケンにやってくる牛たちには会えませんでした・・・生産者の方曰く・・・
「 昨日はここにいたんだけどなあ~ 」と言って笑っていました・・・。



IMGP0994.jpg
シイケン用ではないのですが(他の方の牛)短角牛は見ることができました。

今年はどうなるのでしょうか・・・





最近、頻繁にブログを更新しているシイケンメンバー(2人)。
ネタが溜まってくると焦って更新する・・・
夏休みの宿題をギリギリまでやらず、最後焦る・・・そんな感じでしょうか。

そんな訳で、新ネタを更新します。
新ネタと言っても既に過去形ですが・・・

8月某日、ホームパーティ用お料理のテイクアウトのご相談があり、
マスター一肌脱ぎました!

お客様との相談の結果こんな感じになりました。

<前菜の部>
IMGP1707.jpg
















<お魚料理の部>
IMGP1715.jpg
















<お肉料理の部>
IMGP1730.jpg
















こんな感じでだいたい6~7名様用でしょうか、お値段等は随時ご相談承っております。
詳しくは店頭へ・・・

尚、従業員が少ない為、配達はできませんのでご了承ください。



「不惑」と言いますが、マイナス一歳にしてまだまだ「三四郎」の心境です。皆様いかがお過ごしでしょうか。どうせ総裁を決めるなら民酒にしては、とひやかしつつ、仕事が終わってから呑む場所を探すのに苦心しています。
何軒か心当たりが有るのですが、翌日の段取りを考えると、最近はDVDを借りて部屋で呑むのがマイブームです。なにしろ不惑ですから、借りに行っても滞在時間は短めです。シリーズ系統はまとめて借りてしまいます。
私が贔屓にしているレンタル店は5本借りるとサービスクーポンが貰えるので、BGMの風間三姉妹も快調にえらんでいたのですが・・・久しぶりに「羊たちの沈黙」を借りてしまいました。
で、今週は肉週間です。レクター博士よろしく、オーストラリアの「子羊」、フランスの鴨など、またまた衝動買いしました。
鴨の骨付きモモ肉はコンフィにしてやりました。自分自身の脂の中で柔らかく仕上げて、最後の一花といったところでしょう。
子羊のロース肉に至っては、自身の脂身で巻いてオーブンに突っ込まれるという、壮絶な調理を敢行します。
あ、影響を受けすぎました。今日も謙虚に、控えめな態度で店に立ちます。
そういえば、夏場は痩せたなんてケツまいてた豚の奴ら、今じゃあすっかりモトサヤに収まったらしいんで、またゼリーで固めてゴロまいてやりやした。
ええ、最後に借りたのが「昭和任侠伝」でございます。
前回のブログに引き続き・・・

五つ目は・・・

“ブリュット・プリンセス・デチューヌ/シャンパーニュ・ポール・デチューヌ”
“ 食べ頃チーズとサラダ ”


IMGP1677.jpg

と、

IMGP1700.jpg

この段階でシャンパーニュ!これもソムリエと料理人の密談によって生まれた組み合わせ!
シャンパーニュはワイングラスで・・・!これは、ワイン会始まってから急遽決まった事!!
「シャンパングラスじゃなくてワイングラスで・・・」の一言。
中ではそんな会話がなされていました・・・。
チーズは熟成したコンテ。
実は、デザートへ続くためのウォームアップ・・・お口直し・・・の予定でした。
(密談の時点では・・・)


六つ目は・・・

“ ラタフィア / ポール・デチューヌ ”
“ オー・ド・ヴィー・マール・デュ・ジュラ / ドメーヌ ティソ ”
“ ティラミスとマカロン ”


IMGP1679.jpg

と、

IMGP1682.jpg

と、

IMGP1703.jpg











最後はワイン一気に2種類!
一つ目は、シャンパーニュと同じ作り手の甘口。甘口と言っても酸味もしっかりあり、
付け合わせとして添えた杏のコンポートとすごくあいました!!
二つ目は、樽熟成させたジュラのマール。
アルコール度数は40℃を超えてるというのですが・・・逆にスッキリしたのかな・・・?
ティラミスは、別名 <酒のティラミス > と呼ばれるほどお酒を含んだティラミス!
アルコールが苦手な方、未成年の方、用相談デザートです。
マカロンはチョコ!シイケンいつもお世話になっています 『 アミティエ 』 さんに
お願いしました。ありがとうございます。
(全員つまみ食いしました・・・)

本日のワインたち

IMGP1660.jpg
















御来店の方々、そしてこの企画に携わって頂いた方々、本当にありがとうございました。




8月末、貸し切りイベントを行いました。
『 ワイン会 』 です。

マスターのよく知っているソムリエの方とコラボレーション企画!
シイケン過去最大数のお客様を収容!
普段、サービスを担当しているシイケン番頭もこの日ばかりは、(久しぶりに)コックコートを
着て厨房へ・・・(マスターも久しぶりにコックコートでした)

ワイン 7種類!! お料理 6品!!

一つ目は・・・

“ ビュジェ セルドン メトード アンセストラル / ナタリー・エ・パスカル・ボノー・ラクール ”
“ 完熟トマトのカナッペ ”


IMGP1662.jpg

と、
 
IMGP1688.jpg

ほのかな甘みのあるスパークリングワインとサバがアクセントのカナッペ!
なかなか渋い組み合わせでした!


二つ目は・・・

“ コンドリュー・ラ・プティット・コート / ドメーヌ・イヴ・キュイロン ”
“ ほろほろ鶏のゼリー寄せ ”


IMGP1667.jpg

と、

IMGP1692.jpg

当日の15時に抜栓。開くまで5時間くらいかかる!と言われ恐る恐る抜栓。
開いてくると桃や南国フルーツの香りとミネラル感のバランスがよく、ゼリー寄せの
下の方に密かに入っていたコーンスープやビーツなどとの相性バツグン!


三っ目は・・・

“ ブルゴーニュ・ブラン / ドメーヌ ルフレーヴ ”
“ 夏野菜の蒸し煮 魚介のムースりーヌ 白ワインソース ”


IMGP1669.jpg

と、

IMGP1693.jpg

白ワインソースに合わない訳がない・・・!という一本!!
樽香とトロピカルフルーツの香り・・・わりとしかりした味の魚介ムースとソースだったので
呑んだら食べ、食べたら呑みたくなってしまう一品でした!


四っ目は・・・

“ シャトーヌフ・デュ・パプ / シャトー・ド・ボーカステル ”
“ 根菜とフランス産仔鳩のポトフ仕立て ”


IMGP1674.jpg

と、

IMGP1696.jpg

マグナムボトルです!通常サイズとマグナムサイズ。一度に飲み比べができる機会って
あまりないですよね・・・。やっちゃいました!!
通常サイズの方が熟成が早いようで、マグナムサイズは同じ年とは思えないほど力強さがありました。
そして、ポトフ仕立てです。けしてお汁ではありません。
シンプルに・・・、素材重視に・・・あっさりしていますが鳩の味がしっかり生きているので、
力強いワインでも負けず劣らず・・・
ソムリエと料理人の密談から生まれたイッピンです!!



つづく・・・



「 同情するなら金をくれ! 」

こんな言葉が一時はやりました。

今となっては安易に笑えないな・・・

そんな事をしみじみ呟いていたマスターも、いよいよ30代最後の一年始まりました。

8月末の出来事でした・・・

IMGP1745.jpg


アミティエさん、いつも美味しいケーキありがとございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。