シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログをご覧の皆様いかがお過ごしでしょうか。あの国生さゆりさんのヒット曲がリメイクされているのを耳にするたびに、歳を重ねてしまった寂しさに呑まずにはいられません。よって、今週はよりワインがすすみそうな商品が並びます。
まずはフランスの脂ののったウズラで作ったリエットでもいかがでしょうか。カリッと焼いた薄切りのバゲットに、どうぞたっぷりと塗って召し上がってみてください。スパークリングワインが甘露になること請け合いです。または「あれ」100%の赤ワインも捨てがたいところです。
最近仲間入りした豚足に押され気味でしたが、定番商品になりつつあるホロホロ鳥のゼリー寄せもスタートにもってこいでしょう。いままで番頭にも言えませんでしたが、パンに挟むと泣けてくる味わいです。白ワイン、ノンストップ。
このあたりで温かいツマミが欲しくなったら、ぜひ再登場マカロニグラタンを是非。週半ばにリリース予定ですが、よりノスタルジックな仕上がりにする予定です。
肉の一皿はやはりいわて短角牛にしくものはなし、真打ちでしょう。カットする度に頬擦りしたくなる赤身の美しさです。以前その美しさを女優さんに例えたら大ヒンシュクでしたので、今回は止めます。で、最後に希少なノレソレ(穴子の稚魚)のスパゲティでもいかがでしょうか。
最近、昔の仲間と偶然連絡がとれました。
僕の店はこんな調子です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://shiinakenji.blog72.fc2.com/tb.php/104-e3ad9144

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。