シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「不惑」と言いますが、マイナス一歳にしてまだまだ「三四郎」の心境です。皆様いかがお過ごしでしょうか。どうせ総裁を決めるなら民酒にしては、とひやかしつつ、仕事が終わってから呑む場所を探すのに苦心しています。
何軒か心当たりが有るのですが、翌日の段取りを考えると、最近はDVDを借りて部屋で呑むのがマイブームです。なにしろ不惑ですから、借りに行っても滞在時間は短めです。シリーズ系統はまとめて借りてしまいます。
私が贔屓にしているレンタル店は5本借りるとサービスクーポンが貰えるので、BGMの風間三姉妹も快調にえらんでいたのですが・・・久しぶりに「羊たちの沈黙」を借りてしまいました。
で、今週は肉週間です。レクター博士よろしく、オーストラリアの「子羊」、フランスの鴨など、またまた衝動買いしました。
鴨の骨付きモモ肉はコンフィにしてやりました。自分自身の脂の中で柔らかく仕上げて、最後の一花といったところでしょう。
子羊のロース肉に至っては、自身の脂身で巻いてオーブンに突っ込まれるという、壮絶な調理を敢行します。
あ、影響を受けすぎました。今日も謙虚に、控えめな態度で店に立ちます。
そういえば、夏場は痩せたなんてケツまいてた豚の奴ら、今じゃあすっかりモトサヤに収まったらしいんで、またゼリーで固めてゴロまいてやりやした。
ええ、最後に借りたのが「昭和任侠伝」でございます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://shiinakenji.blog72.fc2.com/tb.php/61-9681361f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。