シイナケンジはかく語りき

『西洋料理 シイナケンジ』の店主が語ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
冷えますね。皆様お元気でしょうか。
最近は、仕込み終わった熱い物もすぐに冷めるので、早く帰宅して「男はつらいよ DVD マガジン」を楽しく、ときに涙ながらに観ています。やはり私の原点はこれだったのか、と感慨深い毎夜の楽しみになってしまいました。
寅さんよろしく、私も毎年みちのくへ旅をしていますが、今回入荷している短角牛は、まさに真骨頂とでも言うべきベストコンディション、東京にいながらにして放牧のかの山が瞼に浮かびます。
斜面育ちで鍛えられた身体に、里の暮らしがほのかに薫るやや霜降りの気配。脂ののった赤身の美しさは、さしずめ秋吉久美子さんといったところでしょうか。フランス産紫ニンニクの香りだけをまとったステーキを自信をもってお勧めします。ぜひお試しください。あ、個人的好みでは麻生久美子さんも捨てがたい、もちろん高島玲子さんもはずせません。もう少し熟成が若ければ、あの菅野美穂さんにも例えられる逸材でしょうか。
こんな塩梅で毎夜仕込みます。番頭はもちろん白い目になって帰りました。
次回は、月末デビュー予定の「豚足とフォアグラのテリーヌ」をご案内予定です。もしくはJUJU最高というテーマでお話ししましょう。皆様ご自愛ください。また改めて。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://shiinakenji.blog72.fc2.com/tb.php/99-ed2d325b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。